韓国ボーイズグループ「防弾少年団」のJUNG KOOKが、「2019世界で最もハンサムな顔」1位になった。

27日(現地時間)アメリカ映画サイトTC CANDLERは、公式SNSとYouTubeを通して「2019世界で最もハンサムな顔100人」のランキングを発表した。

TC CANDLERとINDEPENDENT CRITICSは、1990年から毎年「世界で最もハンサムな顔100人」、「世界で最も美しい顔100人」を選定して発表している。

JUNG KOOKは昨年2位を記録したことに続き、今年「世界で最もハンサムな顔1位」の栄光を手に入れた。

次いで2位は FELIX KJELLBERG、3位はSHAWN MENDESが占めており、昨年5位を記録した「防弾少年団」のVは4位、JIMINが19位、JINが44位にランクインした。また、「TWICE」のツウィが「2019最も美しい顔」1位を獲得した。

TC CANDLERとINDEPENDENT CRITICS が、120,000人以上の候補の中からSNSの投票と500人の専門家の意見が反映され、最終的に100人が選ばれた。これは、50億件のソーシャルメディアへの露出と数億件のヒット数を記録し、世界的に最も有名な権威のあるリストとして広く知られている。

「防弾少年団」は、31日にニューヨークタイムズスクエアで行われる、ABC大晦日特別番組「Dick Clark's New year's Rockin 'Eve」に出演する。