韓国男性タレント ノ・ホンチョルが「2019 MBC芸能大賞」で最優秀賞を受賞した感想をSNSにアップし、キム・テホPDらも祝福のコメントを残した。

ノ・ホンチョルは30日、自身のSNSに「頂いていいかわからないが、本当にマジで人生最高の賞をありがとうございました! #いいね#いくぞ#ピョン」という書き込みと共に、トロフィーの写真を掲載した。

ノ・ホンチョルの書き込みに対して、キム・テホPD、パク・ミョンス、キム・ヨンチョル、ホン・ヒョンヒらが祝福のメッセージを残した。ともに「無限に挑戦」のメンバーとして活躍したパク・ミョンスは「腹が痛い」というメッセージで笑いを呼んだ。

キム・テホPDとパク・ミョンス、ノ・ホンチョルは放送が終了した「無限に挑戦」で共演していた。「無限に挑戦」終了後、テレビ界に復帰したキム・テホPDとノ・ホンチョルはMBCの「一緒にファンディング」で再会を果たした。

ノ・ホンチョルは29日に開かれた「2019 MBC芸能大賞」で「助けて! ホームズ」と「一緒にファンディング」で最優秀賞を受賞した。受賞後ノ・ホンチョルは「5年前に重い罪を犯してしまったので、当然僕が受賞することはないと思っていた。死ぬまで罪の重さに耐えながら生きていく」と話した。

また「当然僕は受賞者ではないと考えた。だからマネージャーは休みをとっていて、チョン・ヒョンドンさんのマネージャーが代わりについてくれて、ユ・ジェソクさんのコーディネーターが僕の服を準備してくれた。ヒゲもそらずに来てしまったし、調子にのって髪の脱色をしたばかりだったので帽子をかぶってきた」と明らかにした。

ノ・ホンチョルは2014年にソウル市 江南(カンナム)区 論ヒョン洞(ノニョンドン)で酒を飲んだ状態で自身の車に乗り、飲酒運転で摘発され、キム・テホPDの「無限に挑戦」から降板したことがあった。当時ノ・ホンチョルは、「違法駐車した車をどけてくれと頼まれ、車をどけてしまった」と釈明していた。この事件以降、テレビの出演を中断し、活動を自粛していた。

キム・テホPDはもちろん、「無限に挑戦」のメンバーからも祝福をうけ、5年ぶりの受賞を果たしたノ・ホンチョルが、2020年にどのような活躍をするのか楽しみだ。