韓国男性グループ「SUPER JUNIOR」のヒチョル(36)と「TWICE」の日本人メンバーモモ(23)が2020年の韓国芸能界で初めての公式カップルになった。

 ヒチョルの所属事務所「Label SJ」は2日、「2人は日頃から親しい芸能界の先輩後輩の間柄として過ごしてきたが、最近お互いに好感を持ち交際をすることになった」とモモと熱愛中であることを知らせた。

 モモの所属事務所「JYPエンターテイメント」の関係者も同日「確認の結果2人は芸能界の先輩後輩として親しく過ごしてきたが、最近好感を持って交際する間柄になった」と明かした。

 これに先立ち2人は昨年8月に1度熱愛説が浮上したがこれを否定したことがあった。当時ヒチョルの所属事務所側は「ヒチョルとモモの2人は日頃から親しい先輩後輩の間柄であるだけで、熱愛は事実無根だ」と述べ、モモの所属事務所側も「2人の熱愛説は事実無根で、2人は親しい先輩後輩の間柄であるだけだ」と一線を画した。

 しかし2人は親しい先輩後輩から恋人関係に発展し、芸能界の公式カップルになった。特にヒチョルはデビュー15年目で初めて公開熱愛をすることになり注目を集めている。

 2人の熱愛のニュースに祝福や声援も相次いでいる。ネットユーザーはインターネットやモバイルを中心に、ヒチョルとモモが恋人関係に発展したことに対し「素敵な恋愛を応援する」、「おめでとう」、「お似合いだ」などの反応を見せている。

 一方、ヒチョルは2005年にKBS 2TVの青少年ドラマ「四捨五入」を通じてデビューした。その後「SUPER JUNIOR」のメンバーとして活動し、「SORRY,SORRY」、「Mr. Simple」、「Bonamana」などのヒット曲で韓国はもちろん海外でも高い人気を誇った。ヒチョルは現在さまざまなバラエティ番組でも活躍を遂げている。

 モモは2015年に「TWICE」のメンバーとしてデビューした。モモが所属する「TWICE」はデビュー曲「Like OOH-AHH」をはじめに「CHEER UP」、「TT」、「LIKEY」、「What is Love? 」などこれまでさまざまなヒット曲の数々を誕生させとても愛されている。昨年9月に8枚目のミニアルバム「Feel Special」を発売し活動した。