韓国女優ユン・セアが2日、自身のインスタグラムを通して済州島で行われた風船飛ばしイベントに対して強く批判した。

ユン・セアは、動物保護市民団体のメンバーが提供した現場の写真を添付しながら済州島の状況を公開した。

ユン・セアの投稿を見た多くのネットユーザーたちは、残念な気持ちを表わしながら共感する反応を見せた。

以下は、ユン・セアがSNSに投稿した記事の全文。

これがどれほど危険なイベントか新年早々美しい済州で行われたことが

今日の夜明け、清らかな地域の済州島でありえない、たくさんの色とりどりの風船が飛んで行きました。笑って騒いで喜ばしい新年を願って飛ばされた色とりどりの風船たち。とんでもなく愚かな行為が行われてしまったのです。

すでに飛び立った風船と一緒に苦しみと死の陰が、清らかな済州の空と海に落ちてしまいました。これから風船の紐に絡まり、徐々に足が切り捨てられる鳥たち、色とりどりの風船を餌と思って食べた後、苦痛の中で死んでいかなければならない鳥や魚はどうすればよいのですか? 

動物保護団体KARA(団体名)は、すぐに済州市役所に回収可能なバルーン全ての回収と責任者問責と謝罪を要求し、再びこのような愚かな行事が開催されないように再発防止のための行動をしていきます。

#バルーン動物虐待#済州視聴#動物を_殺す_新年行事#清浄済州_バルーン汚染#新年から_動物虐待#想像_不足が_もたらした_惨事#企画者気がかり#動物権利行動kara#野生動物#海洋生態系#海洋動物#環境汚染#korea_animal_rights_advocates - #regrann