韓国俳優ソン・ガンホが「第92回 アカデミー賞」でポン・ジュノ監督の受賞を見守った感想を明らかにした。

ソン・ガンホは現地時間9日、アメリカ ロサンゼルスのあるホテルで行われた「第92回 アカデミー賞」の国内取材陣対象の記者歓談会で「制作報告会がつい昨日のことのようだが、その時のことを思い出した」と話した。

また「ポン・ジュノ監督のリアリズムの進化を目撃しながら、20年という時を過ごしてきた。だから『パラサイト 半地下の家族(以下、パラサイト)』という映画でポン・ジュノ監督のリアリズムが一種の完成点まで到達したと感じている」と続けた。

ソン・ガンホは「俳優ではなくファンとして『殺人の追憶』からポン・ジュノ監督が諦めずに続けてきた今の時代への探求、命についての考察などが発展し深みを増していく姿を目の当たりにして感動した」とも語った。

ソン・ガンホは「また一緒に作品づくりをするとなると五度目になるが、まだ確信は持てない。すごく大変だから。階段もよく出てくるし、雨にあたらないといけないし、半地下にも送り込まれるし。次回はパク社長役なら考えてみる」と話し、笑いを誘った。

1929年から始まり、長い歴史をもつ「アカデミー賞」は「オスカー」とも呼ばれるアメリカ最大の映画授賞式だ。アメリカの映画業者と社会法人「映画芸術アカデミー協会」が賞を授与する。

アメリカ ロサンゼルス ハリウッドのドルビー・シアターで開かれた「第92回 アカデミー賞」で韓国映画が史上初めて、本賞の候補に選ばれた。ポン・ジュノ監督の「パラサイト」は作品賞、監督賞、脚本賞、編集賞、美術賞、国際長編映画賞(旧 外国語映画賞)の全6部門でノミネートされ、脚本賞、国際長編映画賞、監督賞、そして作品賞の4部門で受賞した。