男性デュオのイ・ハンギョルとナム・ドヒョン(H&D)がボーイズグループ「X1」出身のメンバーで初めて韓国地上波3社の音楽番組にそれぞれ出演する。

13日に複数の放送関係者によるとイ・ハンギョルとナム・ドヒョンは今月14日のKBS 2TV「ミュージックバンク」をはじめに、15日のMBC「ショー! 音楽中心」、16日のSBS「人気歌謡」への出演を確定した。

特にイ・ハンギョルとナム・ドヒョンは「X1」出身メンバーたちの中で初めて地上波3社の出演を成し遂げたという点で格別な意味がある。それだけに多くのファンたちも2人のステージに熱く熱狂する見通しだ。

これに支えられイ・ハンギョルとナム・ドヒョンもいつにも増してステージの準備に心血を注いでおり、昼夜を問わず練習に邁進しているとのことだ。

これに先立ちイ・ハンギョルとナム・ドヒョンは、今月5日にナム・ドヒョンが直々に作詞と作曲に参加した「Toward Tomorrow」を発売し話題を集めた。「Toward Tomorrow」は抒情的なメロディと目を離せない歌詞の調和が印象的が楽曲だ。歌詞にはイ・ハンギョルとナム・ドヒョンの“より良い明日”や“守ってきた夢”を応援するファンたちに向けたメッセージも込められた。

このようにイ・ハンギョルとナム・ドヒョンは、初めての地上波の音楽番組のステージで長い間待ってくれたファンたちに対する感謝の気持ちを伝えることができるようになった。

2人はステージに上り、イ・ハンギョル持ち前の感性的なボーカルはもちろん、ナム・ドヒョンの淡白なラップを披露する予定だ。大衆性を損なわないラインで2人だけの色彩も溶かし出し、万人が楽しむことができるファンソングになるものと見られる。この中で果たして2人が「ミュージックバンク」、「ショー! 音楽中心」、「人気歌謡」でどのようなパフォーマンスを披露するのか、どれほど多くのファンたちを魅了するのか期待が寄せられている。