女優のシム・ウンギョンが日本アカデミー賞の授賞式で最優秀主演女優賞を受賞した。

シム・ウンギョンは今月6日に開かれた「第43回日本アカデミー賞」の授賞式で映画「新聞記者」(監督:藤井道人)で、最優秀主演女優賞の栄誉に輝いた。

同授賞式はアメリカ・映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences)の正式許諾を受け、日本アカデミー賞協会(Japan Academy Prize Association)が発足させた授賞式である。アメリカのアカデミー賞のように映画人たちが受賞者を選択する。主要部門で優秀賞を事前に授賞し、本授賞式で優秀賞の受賞者の中から最優秀賞を発表する形式で行われる。

これに先立ちシム・ウンギョンは映画「飛んで埼玉」の二階堂ふみ、「蜂蜜と遠雷」の松岡茉優、「人間失格 太宰治と3人の女たち」の宮沢りえ、「最高の人生の見つけ方」の吉永小百合とともに優秀女優主演賞を受賞し、同日の授賞式で彼女たちを抑え、最優秀主演女優賞を手にした。

受賞者として名前が呼ばれた直後、壇上に上がったシム・ウンギョンは日本語で「すみません。全然(受賞するとは)思わなかったので、(感想を)準備していなかった」と涙を流した。

そして、「『新聞記者』を観てくださった皆さんありがとうございます。松坂桃李さんと共演できて光栄でした。本当に本当にありがとうございます。これからも頑張って活動します」とあいさつをした。

「新聞記者」は安倍政権で起こった政治スキャンダルをモチーフに国家とジャーナリズムの裏面を鋭く批判した作品だ。シム・ウンギョンは劇中、闇を暴く記者吉岡えりか役を演じ好評を博した。同日の授賞式でこの作品は主演女優賞だけでなく、主演男優賞と作品賞まで受賞した。

一方、シム・ウンギョンは、今回のアカデミー授賞式のほかにも「第74回毎日映画コンクール」の女優主演賞、「第34回高崎映画祭」主演女優賞、「第11回TAMA映画賞」で最優秀新進女優賞を受賞した。