自身が撮影した性関係の不法撮影物を流布し、泥酔した女性に集団で性暴行をした疑いで1審で実刑を言い渡された歌手のチョン・ジュンヨン(31)の2審裁判がまもなく幕を閉じる。

ソウル高裁の刑事12部(部長判事ユン・ジョンク)は19日、暴力犯罪の処罰などに関する特例法違反(カメラなど利用撮影)などの疑いで拘束起訴されたチョン・ジュンヨンとチェ・ジョンフン(30、元FTISLAND)など5人に対する控訴審公判の期日を進めた。

裁判部は「4月9日午後3時に被告人尋問を進めた後、弁論を終える予定だ」と明らかにした。弁論が終われば検察の求刑と被告人たちの最終弁論を行う結審公判が行われる。来月9日に弁論が集結すれば4月中に結審公判が、5月中に判決が下されるものとみられる。

同日予定されていた被害者A氏の証人尋問はA氏が出席せず結局取りやめになった。A氏は前回の期日にも参加しなかった。裁判部は次の期日に証人尋問を延期し、この時も出席しなかった場合、証人尋問をこれ以上進めないと明らかにした。

裁判部は検察と弁護人たちにチョン・ジュンヨンなど被告人たちの酒量(飲める酒の量)や酒癖に対して確認をしてほしいと要請した。

裁判部は「被害者が避けに酔った時、どのような状況なのか大半が明らかになった」とし、「被告人たちが酒と関連して酒量や、どの程度酒を飲めば意識を失うのかなど、被告人たちの基準で整理してほしい」と要請した。

チョン・ジュンヨンやチェ・ジョンフンなどは2016年1月に江原道(カンウォンド)洪川郡(ホンチョングン)や、同年3月に大邱(テグ)で女性を泥酔させ、集団で性的暴力を加えた容疑がもたれている。

チョン・ジュンヨンは2015年末から8か月以上、V.I(29、スンリ/元BIGBANG)とチェ・ジョンフンなど知人たちを含むグループチャットルームで数回にわたり不法撮影物を共有した疑いもある。

これに先立ち1審はチョン・ジュンヨンに懲役6年を、チェ・ジョンフンには懲役5年を言い渡した。ともに起訴されたキム氏とクォン氏にはそれぞれ懲役5年と4年が言い渡され、ホ氏は懲役9か月に執行猶予2年が言い渡された。