集団性暴行容疑により一審で実刑を言い渡されたチョン・ジュンヨンとグループ「FTISLAND」出身のチェ・ジョンフンに対する控訴審判決が12日に延期された。

 7日午後2時、ソウル高裁刑事12部審理で、性暴力犯罪の処罰等に関する特例法違反容疑などで起訴されたチョン・ジュンヨン、チェ・ジョンフンら5人に対する控訴審判決が行われた。

 同日、裁判所は「控訴審判決を延期する」とし「チェ・ジョンフンとキム氏が合意書を提出し、チョン・ジュンヨンとクォン氏が合意のための判決期日の延期を申請した」と明らかにした。

 また裁判所は具体的な判決延期理由について「性暴力事件に関して、過去と現在の基準が異なるが、過去には合意が重要だったが、現在は合意が重要だったり、絶対的ではない」としながらも、「しかし、被害者の意思を反映するために、少なくとも合意する機会を与えることにした」と説明した。続いて「証拠収集と関連した追加意見があれば提出するように」と付け加えた。

 これでチョン・ジュニョンとチェ・ジョンフンらの集団性暴行容疑に対する控訴審判決は、来る12日午後2時30分より行われる。