俳優ハン・ジサン側がかつて好感を持っていた一般人女性に脅迫を受け、恐喝未遂などで告訴したと明らかにした。

7日にハン・ジサンの所属事務所C-JeSエンターテイメントはハン・ジサンが今年2月にソウル中央地検に一般人のA氏を恐喝未遂および強要罪で告訴状を提出し現在ソチョ(瑞草)警察署で捜査中だと明らかにした。

最後にデマなどの虚偽事実の流布による名誉棄損が発生すれば法的に対応するとし、推測性のある報道を自制するよう要請した。

以下、ハン・ジサン側の表明全文

こんにちは、C-JeSエンターテイメントです。

当社の所属俳優ハン・ジサンと関連し立場を申し上げます。

俳優のハン・ジサンは報道された通り、2018年5月当時A氏とお互いに好感を持ち交際していたが、関係が疎遠になってから、2019年9月から「セクハラを謝罪せよ」、「公開的な交際をするか巨額を支給せよ」と要求し、そうでなければインターネットに暴露するという強迫を受けてきました。俳優としては事実と異なることをただすまでインターネットに一方的な主張の書き込みが掲載すればイメージの大きな打撃がありうることを憂慮して、事実と異なる内容だがA氏の主張を聞き入れ会話をしてみましたが、要求金額があまりにも大きく公開熱愛をするなど常識的でないA氏の要求事項などを到底受け入れることができませんでした。

これに対し家族、事務所、法務法人と協議をした末に今年2月、ソウル中央地検にA氏を相手取り告訴状(恐喝未遂および強要罪)を提出し、現在ソチョ警察署で捜査中であります。

しかし俳優(ハン・ジサン)は絶対にセクハラをした事実がなく、これはA氏本人も数回認めていました。むしろ俳優は一時好感を持って会ったA氏が一方的な精神的な苦痛を訴えた時、心から対話で最善を尽くしました。

しかし数か月にわたるA氏の一方的な要求と脅迫に俳優が耐えられない状況になり、結局先月、刑事告訴に至りました。

この事件は俳優がプライベートな内容が大衆に知られ、イメージに多大な打撃を与えることを悪用し、俳優にA氏にわいせつ行為をしたという虚偽の事実を認め、賠償および公開恋愛をしてほしいと強要した事件です。しかし、A氏が一般人で告訴内容が俳優の内密なプライバシーであるため、また他の二次被害が発生することが心配されるので、今後マスコミを通じた報道よりは捜査を通じて結果が出たら立場を説明することにします。

また、当社は俳優の保護のために最善を尽くし、告訴報道によるデマの生成や虚偽事実に基づく名誉毀損がある場合は法的に対応します。くれぐれも推測性報道が拡大再生産され二次被害が発生しないようにお願いします。ありがとうございます。