「BTS(防弾少年団)」が、新しいアルバムのために一堂に会した。

「BTS」は11日、Youtube公式チャンネル「BANGTANTV」で新しいアルバムのコンセプトやメッセージなどを議論する会議を公開した。以前、YouTubeのライブで「新しいアルバムの音楽PM(Project Manager)を務める」と明らかにしたジミンはこの日、メンバーたちに「アルバムの主題、希望の音楽スタイル、団体曲は何曲にすればいいかなどを教えてほしい」と要請した。

SUGAは「全体的に暗くないほうがいい。直接的な癒しより『春の日』のように比喩的に不特定多数に癒しを与えることができれば」と提案し、RMは「外で何が起きても、人々の人生は続くという話をしたい」と語った。

メンバーたちは各自、自分の考えを取り出し、情熱的に議論を続けた。 RMとSUGAは、自分の経験を例に挙げ、新しいアルバムに込めたいメッセージを説明した。 RMは「友人と『人々がどんな話を聞きたがるか? 』について話を交わし、テレパシーが浮上した。WeverseやTwitterを見ると、僕たちのコンサートがキャンセルされて苦しんでいる方も多かった。言わなくても、私たちの真心が全て伝わるとどんなに良いか? 」とし、「僕たちが7年間過ごしたすべての時間、コンサートでのアイコンタクト、それが僕たちのテレパシーではないかと考えた」と述べた。

SUGAは「昨日、1つの本を手に取った、最初の章に小さなメモ用紙が入っていた。しおりのように飛び出したから瞬間戸惑った。(新しいアルバムの)キーワードは、手紙になったら嬉しい。曲自体が手紙になっていろいろ話を書けば面白そうだ」と説明した。

JINは「友人と、楽しいこと、大変なことについて話をしてみると、明らかに私とは違う大変なことでも、共感する。『共感』を主題に(曲を)書いてみたらどうかな? 」との考えを明らかにした。JUNG KOOKは「ストレスを解くことができる曲があれば嬉しい」と提案した。

「BTS」は、「楽しい曲も一つ入れたい」との意見を集めた。J-HOPEは「僕たちの色を見せられたらいいだろう。一曲くらいは『フンタン少年団』のような感じにしたい」と述べ、Vも「本当に楽しい曲が一曲入ってほしい」と「So What」に言及した。

メンバーは、グループの曲をはじめ、ユニット曲にも自由に意見を交わした。お互いの考えを真剣に聞きながら、会議が続く中も笑いが絶えなかった。 「各自の意見をまとめてジミンに送ろう」と会議を終えた。この日、「BTS」のYouTubeライブ放送は最大同時視聴数31万人を記録した。