韓国女優チェ・リがtvN新月火ドラマ「産後養生院」にキャスティングされた。

 「産後養生院」は会社では最年少役員、病院では最高齢の妊婦ヒョンジンが、災難のような出産と遭難級の産後養生院適応期を経て、同じ時期に養生院に入った人々と一緒に成長していく出産克服期を描いたドラマだ。

 先立って「産後養生院」は女優オム・ジウォン、パク・ハソン、チャン・ヘジンの出演のニュースに続き、チェ・リまで出演を確定し、新鮮な女優たちのケミストリーを期待させた。

 チェ・リは劇中、イ・ルダ役を演じる。22歳のランジェリーショッピングモールのCEOで、若くてスタイリッシュな姿が他の妊婦たちの視線を引き付ける人物だ。
 
 一方、tvN新月火ドラマ「産後養生院」はドラマ「賢い監獄生活」や「ビックフォレスト」などを通じて、ブラックコメディが引き立つ演出力で自分だけのカラーを確実に描いているパク・スウォン監督が演出を務める。ドラマはことし下半期に放送予定。