ドラマ「夜食男女」のチョン・イルと知英(元KARA)がシェフと常連客から隣人に生まれ変わった。

25日に韓国で初回放送されたJTBCの新月火ドラマ「夜食男女」の第1話でキム・アジン(知英)はパク・ジンソン(チョン・イル)がシェフを務める深夜食堂に行き「本当に4年一緒に仕事をした会社の人より私の気持ちをよく知っているようだ」と述べた。

パク・ジンソンは「フタが開いた日にはぴったり合う酒の肴がある。これをむく楽しさがある」とアサリの酒蒸しを出した。キム・アジンは「恥知らずではないか。正規職だけ名前を付けて、契約職は出入りが何か。数年のように働きながら名前をきちんと読んでくれる人たちがいない」と悔しがった。

これにパク・ジンソンは「名前が何? 」と名前を尋ね、「キム・アジンプロデューサーのためのサービスなので思う存分食べてください。細長い会社生活のために」とスープパスタをプレゼントした。

キム・アジンは契約職のバラエティ番組のプロデューサーなので、放送局で差別待遇を受けた。悔しさのあまり会社の先輩と酒を飲んだ彼女は、明け方再び深夜食堂“Bistro”を訪ねた。「今日お客さんがいなくて」とドアを閉めるパク・ジンソンに「私、ビールもう1杯だけ飲みたいのに」と愛嬌を振りまいた。

結局、パク・ジンソンは再びドアを開けキム・アジンにビールをあげた。キム・アジンは「私はここに来ると不思議と元気が出る。シェフと話をするのもいい」と笑みを浮かべ、パク・ジンソンも「僕もそうだ。会社から追い詰められ大変だろうが、いつも明るくたくましいのでステキだ」と応援した。

ところが2人は同じ建物に住んでいた。パク・ジンソンは「これからうまく過ごしましょう。隣人だからサービスを思い切ってあげなくては」と述べた。キム・アジンは「不思議だ」と喜んだ。