YG新人「TREASURE」パン・イェダムの初めてのソロ曲のタイトル「WAYO」が公開された中、この歌の作詞・作曲に「WINNER」カン・スンユンと「AKMU」イ・チャンヒョクが参加し、関心が集まっている。

所属事務所は28日午前9時、公式ブログにパン・イェダムのデジタルシングルタイトルポスターを掲載した。

この日ベールを脱いだ曲名「なぜ」は、韓国語の発音そのまま移した英語「WAYO」表記が独特だ。かすかなポスターの雰囲気とともに歌「WAYO」がどのような話と隠れた意味を込めているか好奇心を刺激する。

これらの疑問は、「WAYO」の作詞・作曲に視線が集中され、より大きな期待感につながる。 YG先輩歌手で普段から作詞・作曲に優れた能力を発揮してきた「WINNER」カン・スンユンと「AKMU」イ・チャンヒョクがラインナップに名前を上げたからだ。

カン・スンユンは「WAYO」の作詞・作曲に参加し、ホットな支援射撃、イ・チャンヒョクは作詞に力を加えた。 YG実力派プロデューサーFUTURE BOUNCEが作詞・作曲・編曲をすべて引き受け、Andrew Choiが作曲に合流して完成度を高めた。

YG側は「7年間練習生として汗を流してデビューを夢見てきたパン・イェダムのために先輩歌手の熱烈な応援をし、一度だけ聞いても中毒になるほど耳に心地良い音楽が誕生した」とし「独歩的なパン・イェダム特有の甘美なボーカルと美しい感性が込められた歌詞・メロディがよく調和した曲だ」と伝えた。

パン・イェダムのソロ曲「WAYO」は、6月5日午後6時発売される。本格的な活動を控えた「TREASURE」デビュープロジェクトの一環だ。 YG側は「『TREASURE』のデビューに先立つ6月に、ファンにサプライズで公開する曲」と説明した。

「TREASURE」のメインボーカルパン・イェダムは、2012年の「K-POP STARシーズン2」に出演し、11歳の時に準優勝を獲得した後、YGで約7年間の音楽技量を磨き磨いた。彼は「YG宝石箱」に参加しコンテストを通して天才ボーカルらしい優れた実力を誇り、ボーカルポジション1位を記録し「TREASURE」メンバーに最終抜擢された。

7月にデビューを確定した「TREASURE」は12人組ボーイズグループ。「BIGBANG」、「WINNER」、「iKON」に続くYGの次世代グループとして注目されている。彼らは7月から今年の年末までに3〜4回に渡って新曲を発表する計画だ。