韓国のレーシングモデル出身のインターネット放送BJ(ブロードキャスト・ジョッキー)ハン・ミモが映画女優A氏を性売買あっせんなどの容疑で検察に告発した。

 ハン・ミモの訴訟代理人である法務法人ヘユル側は去る28日、SNSを通じて「本日28日午後、性売買あっせんなどの容疑で映画女優であるA氏に対する告発状をソウル・ソチョグ(瑞草区)中央地検に提出した」と明らかにした。

 続いて「法務法人ヘユルは、該当事件に任務を全うして訴訟を進める予定」とし、「ヘユルは有名公人などが正しい法的対応ができず悔しい被害を受けることを防ぎ、彼らの権益保護のために持続的に活動していく」と伝えた。

 ハン・ミモはA氏にエンターテインメント代表B氏を紹介され、B氏から性的虐待を受けたと主張している状況だ。

 こうした中、ハン・ミモは29日、自身のSNSを通じて「話題にしやすいイシューではあるが、わい曲された事実を誤報して、序論は省略して結果的に序論・本論・結論は推測であり、公論化されないようにお願いする」と心境文を掲載した。

 一方、ハン・ミモはレーシングモデル出身で、アフリカTVでBJ活動をしていたが放送永久停止処分を受けた後、Twitchで個人放送活動を行っている。