※あらすじ、ネタバレの内容が含まれています。


「ザ・キング:永遠の君主」でキム・ゴウンがイ・ジョンジンを撃ち、大韓民国に戻った。とうとうイ・ミンホと再会し、涙を流す。

12日深夜に放送されたSBS金土ドラマ「ザ・キング」第16話(最終話)では大韓帝国皇帝のイ・ゴン(イ・ミンホ)と大韓民国の刑事チョン・テウル(キム・ゴウン)のパラレルワールドロマンスの最後の話が描かれた。

この日の「ザ・キング」はチョン・テウル(キム・ゴウン)との約束を守るルナ(キム・ゴウン)の姿から始まった。ルナは不治の重病で死にながらもチョン・テウルのふりをしてチョン・テウルの父親を安心させる。

この時、本物のチョン・テウルは竹林で逆賊イ・リム(イ・ジョンジン)に手錠をかけて、平行世界の境界を越えた。一方、皇帝イ・ゴンは近衛隊長のチョ・ヨン(ウ・ドファン)と共に時間を越えて大韓帝国の1994年に行って、謀反の夜の歴史を正していた。

その間、チョン・テウルは逆賊イ・リムに「待たなきゃ。イ・ゴンが過去でお前を食い止め、世の中を戻す時まで。もしイ・ゴンが失敗すれば私がお前を食い止める」と言い、イ・リムを威嚇した。

イ・リムは「甥(イ・ゴン)が世界を正すとあんたのイ・ゴンに対する全ての記憶がなくなるというのに」と切り返した。チョン・テウルは「だから心が痛い。その輝かしい記憶が心中に残ったから」と話した。イ・リムは「ここでは銃を撃つことができない」とおかしく言うと、チョン・テウルは「分からない。(この次元の扉の中では)まだ誰も銃を撃ってみたことがなかったから」と、堂々と対応した。

その時、逆賊たちの謀反の夜、幼いイ・ゴンは過去のイ・リムを相手に刀を抜いた。その瞬間、天井のガラスが割れ、イ・リムが万波息笛を手から落とし、大人のイ・ゴンがチョ・ヨンと一緒に現れた。しかし、混乱している隙を狙い逆賊イ・リムが再び万波息笛を手にして逃げた。

その瞬間イ・ゴンとチョン・テウルの手に半分ずつあった万波息笛のかけらが灰に変わった。1994年の謀反の最中、2つに折られず、完全なものを1994年の逆賊イ・リムが持ち逃げたからだ。

イ・ゴンが再び逆賊イ・リムを追いかけた。彼はイ・リムを刀で切って、「私は大韓帝国皇帝で、四寅剣の主人であり、お前に与えられた天罰を執行する者だ」と正体を明らかにした。

これを知らなかったチョン・テウルは次元の世界の中で逆賊イ・リムに向かって、「あんたは無事でない。イ・ゴンが失敗していたならもっと」と言い、何とか銃を撃とうと引き金を引いた。しかし、逆賊イ・リムの予想通り、弾丸が出ない。戸惑うチョン・テウル。その瞬間、拳銃の中に止まっていた弾丸が発射されイ・リムの心臓を貫通した。それから次元の世界には変化が発生した。

皇帝イ・ゴンが逆賊イ・リムを断ち、次元の扉の中にいたチョン・テウルは1994年の謀反が鎮圧された事に気づいた。しかし、チョン・テウルは再びイ・ゴンと会えなくなった事に苦しんだ。謀反の夜が正され、2つの世界の捻りが解消されたので、イ・ゴンに再会できないはずだから。

彼女は2020年4月25日、大韓民国の竹林で目覚めた。それから、日々を生き抜きながらもイ・ゴンをずっと恋しがった。チョン・テウルは過去にイ・ゴンが「もしその門が閉まれば僕は全ての宇宙の扉を開く。そして君に逢いに行く」と言った言葉を噛みしめながら、「来ないね」と話して嗚咽した。

イ・ゴンは様々な宇宙の世界を彷徨いながらチョン・テウルを捜し回った。彼が出会った色々な世界のチョン・テウルは時には軍人で、時にはスター女優で、時には大韓民国での姿と同じく警察として存在した。また別の世界では母親と幸せであった。各々の世界で名字は同じで、名前は違う。

一方、イ・ゴンを待ち続けるチョン・テウル。謀反による混乱が正されたので、大韓民国に歴史の変化があった。逆賊イ・リムによって殺された人々やその周りで不幸な人生を送っていた人々の人生に変化が起きたのだ。皆が幸せになり、幼い時に殺されたイ・ゴンと同じ顔の子も立派な大人になる。

大韓帝国にも歴史の変化があった。以前は不幸な幼児期に送り、犯罪に手を染め、病気で時限付の人生を生きていたルナ。変化した歴史により、幼い時に市場でお金を盗んでいる間に、新しい家族に出会う。

母親との不幸な幼児期に続き、チョン・テウルと結ばれなく涙を流していた先輩刑事カン・シンジェは大韓民国ではなく大韓帝国で刑事カン・ヒョンミンとして成長する。彼は新しい家庭の中で正しく成長したルナと愛する関係となり、幸せを掴む。

2021年、色々な宇宙を彷徨った末、ついにイ・ゴンがチョン・テウルのいる世界に辿り着いた。2人が再会した瞬間、チョン・テウルは「来たの? 本当に来たの? もう全部来たの? 」と反問し、イ・ゴンに抱かれ、「何故こんなに遅く来たの。私がどれほど待ったか、毎日毎日待っていたんだよ」と嗚咽し、再会を果たした。

イ・ゴンはチョン・テウルが自分に対する記憶を失っていない事に驚いた。次元の扉の中にいたからであるが、チョン・テウルは「それは省略しよう。私にも色々なことがあったの」と答えた。

平日を大韓帝国で皇帝として過ごすイ・ゴン。そして、平日を大韓民国で刑事として過ごすチョン・テウル。週末になると2人は竹林で再会し時間と空間の旅行者になる。

色々な世界を廻りながら、2人は美しく時間を過ごしていく。手を繋ぎ、ゆっくりと一緒に老いていきながら、2人は愛に満ちた幸せな毎日を送ることで物語りは終わる。