「BTS(防弾少年団)」RMが「BANG BANG CON The Live」でArmy(ファンクラブ)に向かって賢明な謝罪をした。

「BTS」は14日午後、オンラインリアルタイムのライブコンサート「BANG BANG CON The Live」を進行した。

この日、RMとSUGAはユニット舞台「Respect」を熱唱し、レトロコンセプトでArmyの思い出を強制的に召喚した。サングラスとヘアバンド、80〜90年代に流行したスーツを着て出てきたRMとSUGAは「現実の兄弟」のような呼吸を誇り「BANG BANG CON The Live」の雰囲気をより熟した。

「BTS」のメンバーの中で同い年のジミンとVは制服コンセプトを披露。実際のバス停をそのまま移したような舞台の上で肩を組んで特別なブロマンスを誇示したジミンとVは両手を握り「友達」を熱唱した。

J-HOPEは「初めてユニット舞台を披露した。初公開だから震えた」、ジンは「とても震えて階段を登るときに両足が揺れた」とユニット舞台を終えた所感を明らかにした。特にRMは「Armyに謝罪する。自分自身に酔っていた。ごめん」とSUGAとユニット舞台の振り付けを間違いを告白した。

しかし、J-HOPEは「モニターで見ると、綺麗にできていた」と親指を立てた。SUGAは「スリーピースだったがパターンが似合わなかった。お父さんのスーツ感じだった。おしゃれにしてみた」と自分の衣装を紹介した。