今月初旬にタイトル曲「more & more」でカムバックした「TWICE」。そのビジュアルや曲調・ダンスなど、全体の雰囲気は、かつての「TWICE」のイメージからガラリと変わり、彼女たちの成長を表しているような、大人っぽい印象をうかがえた。その中でも特に目を奪われたのは、そのMVの空間演出。全体に草木や美しい花々、動物たちなど自然的美を象徴するものが散りばめられており、優雅でボタニカルなアートワークを展開していた。

 それは新曲PR用のグラフィックティザー、動画ティザーですでにみる事ができていたが、本日はその中でも目を引いた “フラワーアレンジメント”の部分をピックアップ。

 韓国にあるフラワーアレンジメントブランド「grove」の手によって、あの優雅で芸術的なビジュアルが仕上がっていた。このgroveというブランドは、店舗販売というより、雑誌の撮影やミュージックビデオのビジュアル制作の中で使用されるフラワーを取り扱い、アレンジメントを担当しているブランドのようだ。

 公式インスタグラム(@grove.flower)とホームページを見てみると、韓国国内のファッション雑誌「VOGUE」や「DAZED」、その他さまざまなファッションブランドとのコラボレーションを行っている。歌手のIU(アイユー)のアルバム「Love poem」ジャケットや、俳優イ・ミンホ、ハン・ソへ、パク・シネなどの撮影に関わっている。

 先に挙げた「TWICE」の「more & more」ティザー動画の一部をご紹介。
こちらはチェヨンのティザー。

 チェヨンの綺麗な淡いブルーに染まった髪色にマッチしたフラワーとの融合がなんとも芸術的である。

 また「groves」は現在、韓国のファッションブランド「KUHO」とのコラボレーションで、「KUHO」漢南店にPOP UPを開催中。クリアビニールで出来た袋に花を入れ、カラフルなチェーンを持ち手に使用。購入者は持ち歩くファッションアイテムとして楽しめそうだと注目が集まっている。気になった方はインスタグラムをチェックしてみて欲しい。

 「FANCY」や「Feel Special」から、今までのイメージを一掃したような楽曲展開を行っている「TWICE」。今回の「more & more」も同様、楽曲を通して、意志のある芯の強い大人の女性を、彼女たち自身でしっかりと表現しているように感じる。そうした精神的な部分も含め、アートディレクションはコンセプトを表現するために大きな役割を持っており、今回のフラワーアレンジメントのアートワークは注目すべきポイントである。これから「TWICE」が世界にどのように進出していくのか気になる。