韓国歌手ユン・ジョンシンが海外で「異邦人プロジェクト」を進めていたが、急遽帰国したことがわかった。

 13日、ユン・ジョンシンは自身のSNSに「母が突然危篤となり、急遽帰国し検査を受けて、自主隔離を開始した」と知らせた。

 ユン・ジョンシンは昨年11月、「月刊ユン・ジョンシン」10周年を迎えて、「異邦人プロジェクト」を行うため、海外へ出国後、現地で作業を進めてきた。

 しかし、母親が危篤との連絡を受けて、「異邦人プロジェクト」を進めてから8か月ぶりに急遽帰国した。