韓国で活動している日本人歌手ユキカ(YUKIKA)が、1stフルアルバムのトラックリストを公開した。

 ユキカは15日0時公式SNSチャンネルを通じて、1stフルアルバム「Soul Lady」のトラックリストイメージを公開した。

 公開されたトラックリストによると今回のアルバムはタイトル曲「Soul Lady」を含め、デビュー曲「NEON」、「Cherries Jubiles」、去る8日に先行公開した「Yesterday」など全13トラックで構成された。

 ESTIMATEのパク・ジンベ(ESTi)プロデューサーが直接タイトル曲「Soul Lady」の作曲・編曲を担い、今回のフルアルバムの総括プロデュースも担当した。

 また作曲家ファン・ヒョンを筆頭にしたプロデュースチーム「MonoTree」を主軸に、多数のヒットタイトルを作業していたMosPick、OREO、「PRISMFILTER」、TAKなど、最高のK-POP作家陣が参加した。彼らは最近浮上するシティーポップジャンルをテーマに、多彩な音楽的完成度を見せてくれるだろうという期待感を与えている。

 今回のアルバムは夢を探して韓国へ渡ったユキカの自伝的な内容を込めており、ストーリーがある演奏曲なども一緒に構成された。外国人ソロアーティストが全曲を韓国語プロデュースで発表する異例の事であるだけに、国内だけでなく海外でも関心を示している。

 より一層洗練され成熟した姿で注目されているユキカの1stフルアルバム「Soul Lady」は来る21日午後6時、各種オンライン音源配信サイトを通じて発売される。