韓国女性デュオ「ダビチ」のカン・ミンギョンが、YouTubeとSNSなどでスポンサー広告の表記をせずに間接広告を行ったという疑惑について釈明した。

カン・ミンギョンは15日、自身のSNSに「誤解しないでほしい」とし、「YouTubeでスポンサーの部分はスポンサーだと、広告が入る部分には広告だと、映像の中などに表記していた」と説明した。

また特定のブランドからスポンサー商品をもらっている疑惑について「当該ブランドは、今後YouTubeコンテンツを編集して使ってもいいかという提案を受けて宣伝した」とし、「映像自体が広告というわけではなかったので、表記する必要がないと判断した」と明かした。

またカン・ミンギョンは「コンテンツの企画に合わせて、また広告主と協議した内容に合わせて、適切に広告の表記をしていく」とし、「私はいかなる違法行為もしたことがない」と訴えた。

きょうカン・ミンギョンと有名スタイリストのハン・ヘヨンがスポンサーと広告表記を出さずにYouTubeで間接広告を出し、高い収益を得たと報道され、騒動になっていた。

カン・ミンギョンは購読者数66万人のYouTubeチャンネルを運営中で、Instagramのフォロワーは200万人にものぼる。彼女は自身のチャンネルで様々なアイテムを紹介していたが、一部の賞品から“広告”の文言が抜けているという指摘を受けていた。