女優ク・ヘソンがアン・ジェヒョンとの離婚に合意した後、SNSを介して心境を明らかにした。

ク・ヘソンは15日、自身のインスタグラムに「再びファイティングあふれる生活に」という文と一緒に笑っている自分の姿を写した写真を上げた。この日あった離婚調停の結果、約4年2か月で結婚生活を終えた所感を書いたものと思われる。

この日、ク・ヘソンの法律代理人は「アン・ジェヒョンとク・ヘソンはこの日離婚調停に合意した」とし、「二人はそれぞれの道を歩くものであり、お互いの将来を応援することにした」と明らかにした。

続いて「これまで二人の個人的な問題で大衆に心配をかけて申し訳ない」と謝罪も付け加えた。これにより、2016年5月に結婚していたク・ヘソンとアン・ジェヒョンは、4年で法的にも夫婦関係を終えた。

アン・ジェヒョンとク・ヘソンの破局ニュースは、昨年8月18日ク・ヘソンが自分のSNSにアン・ジェヒョンとの会話の内容が盛り込まれた文字を公開したという。当時ク・ヘソンは「家を守りたい」と話したが、その後9月にアン・ジェヒョンが離婚訴訟を提起し、二人の離婚は法的手続きに入った。

以後、ク・ヘソンは、アン・ジェヒョンの訴訟提起後の婚姻破綻の帰責事由がアン・ジェヒョンにあると主張し、「離婚訴訟の反訴を提出する計画だ」と明らかにした。また、アン・ジェヒョンに沿って縁を結んだHBエンターテイメントも退所した。

離婚訴訟の後、二人はそれぞれの活動に集中する姿を見せた。ク・ヘソンは今年初め、英国に語学研修に向かうと、4月には展覧会を開いて、自分の絵を公開した。

アン・ジェヒョンの場合、昨年11月に放送されたMBCドラマ「欠陥のある人間たち」の主人公としてお茶の間を訪れた。

ク・ヘソンとアン・ジェヒョンは、2015年に放送されたKBSドラマ「ディア・ブラッド〜私の守護天使」を通じて恋人に発展し、翌年の2016年に結婚した。