韓国ボーイズグループ「BTS(防弾少年団)」が、日本アルバムでオリコンチャートはもちろん、イギリスのオフィシャルチャートで強大な存在感を見せた。

日本のオリコンチャートが17日に発表した最新のチャートによると、「BTS」の日本正規4集「MAP OF THE SOUL:7〜THE JOURNEY〜」は2万4715枚の販売量を記録し、オリコンデイリーアルバムチャート1位に上がった。

これで「MAP OF THE SOUL:7〜THE JOURNEY〜」は、発売初日から3日間オリコンデイリーアルバムチャートトップを占め、52万7559枚の累積販売台数を記録した。

また17日、イギリスオフィシャルチャートによると、「MAP OF THE SOUL:7〜THE JOURNEY〜」は、「オフィシャルアルバムチャートのトップ100」で56位に初ランクインした。これは2018年4月、日本正規3集「FACE YOURSELF」の78位を超えて、「BTS」が日本アルバムで「オフィシャルアルバムチャートのトップ100」で記録した歴代最高順位だ。

15日に発売された「MAP OF THE SOUL:7〜THE JOURNEY〜」には、日本のオリジナル曲「Stay Gold」「Your eyes tell」を含む全13曲が収録されている。2月に発売された「MAP OF THE SOUL:7」のタイトル曲「ON」と収録曲「Black Swan」の日本語版も同じく収録されている。