韓国女優イエルがディープランエンターテインメントと専属契約を締結した。

 所属事務所ディープランエンターテインメント側は3日「しっかりとした演技力で、様々な雰囲気を演出する女優イエルと専属契約を締結した」と発表した。

 続いて「自分だけの魅力で画面を圧倒し、確かな存在感を発揮する魅力的な女優イエルと縁ができて嬉しい」とし「今後も多様なプラットフォームを基に、幅広い活動を続けることができるよう、全面的な支援を惜しまない予定だ。多くの関心と愛をお願いする」と伝えた。

 イエルは2009年、MBCドラマ「よくできました! 」でデビュー後、KBS「王女の男」やMBC「7級公務員」、tvN「LIAR GAME」、MBC「モンスター(邦題:モンスター〜その愛と復讐〜)」、tvN「トッケビ(邦題:トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜)」、OCN「ブラック(邦題:ブラック〜恋する死神〜)」、KBS「最高の離婚(邦題:最高の離婚〜Sweet Love〜)」、tvN「悪魔が君の名を呼ぶとき」など多数の作品を通じて、多彩な魅力や幅広い演技力を披露した。

 また映画「シークレット」、「黄海(邦題:哀しき獣)」、「ペースメーカー」、「光海(クァンヘ)、王になった男(邦題:王になった男)」、「内部者たち(邦題:インサイダーズ/内部者たち)」などに出演し、ジャンルを問わず、しっかりとした演技を披露し活躍を続けている。