「NU’EST」(JR、アロン、ベクホ、ミンヒョン、レン)が約5年ぶりに日本でアルバムを発売することが決定した。

4日午後、所属会社PLEDISエンターテインメントは「『NU’EST』が10月7日、日本オリジナル曲を含め、計14曲が収録された日本アルバム『DRIVE』を発売する」と伝えて国内外を問わず、熱い反応を得ている。

「NU’EST」の日本アルバム「DRIVE」は2015年11月20日に発売された日本での初正規アルバム「Bridge The World」以来、約5年ぶりに発売されるもので、日本オリジナル曲「DRIVE(Japanese Ver.)」とデビュー7周年を迎えて公開されたスペシャルデジタルシングル「A Song For You」が日本語バージョンで収録されると伝わり、早くから反応が熱い。

このほかにも韓国内で発売と同時に大きな愛を受けた「Call me back」、「LOVE ME」、「I’m in Trouble」、「Back To Me(平行宇宙)」など計14曲が収録されており、「NU’EST」の多彩な魅力でファンの耳と目を鷲掴みにする予定だ。

タイトル曲「DRIVE(Japanese Ver.)」はタイトル通りドライブをテーマにした曲で、気品のある成熟した雰囲気と高速道路を走るような疾走感が調和を成した気持ち良いミディアムテンポの歌だ。特にヒット・メーカーであり、プロデューサーのBUMZUと共に「NU’EST」のメンバーたちが直接、作詞作曲に参加して完成度を高めた。

このように「NU’EST」は差別化された音楽とパフォーマンスで全世界に意味ある記録を残して無限の成長を成し遂げており、今後も彼らが繰り広げる活躍に成り行きが注目される。

「NU’EST」は9月13日から10月11日までNAVER V LIVEチャンネルを通じて毎週日曜日に「NU’EST ON-CLIPUNBOXING」を公開する。