歌手ミギョが元彼との決別に関連して根拠のない噂が広がり、告訴を準備している。「虚偽の事実を流布した人物を名誉毀損で告訴しようと準備中」と強調した。

7日、ミギョが1年6か月間交際した作曲家の恋人と破局したと報じられ、その理由について関係者の言葉を借りて、金銭的な問題があったと伝えられた。

報道によると、ミギョと元彼は結婚目前のように同棲しており、ミギョが元彼の経済的な能力に不満を持ち恋人関係を終わらせたという。

しかし同日、ミギョ側の関係者は「ミギョと元彼が同棲をして、経済的な問題のせいで別れたというのは事実ではない」「虚偽の事実を流布した人物を名誉毀損で告訴するため準備中」と明らかにした。

さらに、「全く確認されていない内容の話が広まり、ミギョと元彼は2人困った状況に直面した」「ミギョが事実と異なる部分の記事を見ている元彼にも申し訳ない気持ちを持っている」と話した。

ミギョ側の関係者の話を整理すると、匿名の情報提供者がミギョと元彼が別れた理由が経済的な問題であり、2人が同棲をしたという噂を拡散して記事化された。ミギョ側は提供者の正体をミギョカップルの恋愛史を知っている唯一の人物と推測している。

これと共に情報提供者はミギョカップルの破局が報じられる前に、自身のSNSにミギョに向けた狙撃文を掲載したりもした。

ミギョは事実を確認するために直接連絡をしたが、現在情報提供者は虚偽の事実を知らせた事について否認しているという。

ミギョ側が情報提供者の主張は虚偽事実だとし反論に乗り出した中、名誉毀損での告訴まで準備した事で大きな関心が集まっている。

一方、ミギョは2014年に「Bob Girls」のメンバーとしてシングルアルバム「No Way」でデビューし、ユン・ジョンシンの「Like it」の女性アンサーソングバージョンを歌って注目を受けた。5月には6番目のコラボプロジェクト・シングル「この愛」を発表している。