ガールズグループ「TWICE」が日本6thシングル「Fanfare」で、“10作連続プラチナ”という大記録を達成した。

7月8日に日本でリリースされた「TWICE」の6枚目のシングル「Fanfare」は、今月7日に「日本レコード協会」からプラチナシングルの認定を受けた。“プラチナ”は25万枚以上の出荷量を記録した作品に授与される。

これにより「TWICE」は日本でリリースした10枚のアルバムやシングルが“プラチナ”認定を獲得し、“K-POPを代表するガールズグループ”というポジションを改めて立証した。

「TWICE」は2017年6月にリリースした日本デビュー・ベストアルバム「#TWICE(ハッシュタグトゥワイス)」をはじめに、同年10月に1stシングル「One More Time」、2018年2月に2ndシングル「Candy Pop」、同年5月に3rdシングル「Wake Me Up」、同年9月に1stアルバム「BDZ」、2019年3月に2ndベストアルバム「#TWICE2(ハッシュタグトゥワイス2)」、7月に4thシングル「HAPPY HAPPY」、5thシングル「Breakthrough」、同年11月に2ndアルバム「&TWICE(アンドトゥワイス)」に続き、「Fanfare」までプラチナ等級に上り、レジェンド級の記録を続けている。

この中の「Wake Me Up」は日本でリリースされた海外女性アーティストのシングルで初めて“ダブル・プラチナ”を認定された。これは50万枚以上の累積出荷量を記録すると授与されるタイトルだ。

それだけでなく、「TWICE」は8日午前1時29分頃、2ndミニアルバム「PAGE TWO」のタイトル曲「CHEER UP」のMVまで、YouTube再生回数4億回を超え、二重の喜びを味わった。

これにより「TWICE」は「TT」、「LIKEY」、「What is Love? 」に続き、「CHEER UP」まで計4本の“4億回超え”のMVを保有することになった。

一方、「TWICE」は今月9日に初の単独オンラインコンサート「Beyond LIVE - TWICE : World in A Day」を開催する。