韓国男性バンド「The Rose」が所属事務所J&starCompanyを相手に専属契約効力停止可処分申請を提出していたが、棄却された。それを受けて事務所が公式発表を出した。

以下、J&starCompanyの公式発表全文。

こんにちは。バンド「The Rose」の所属事務所J&starCompanyです。

「The Rose」の専属契約効力停止可処分訴訟に関して、当社の立場を表明致します。

「The Rose」は3月に当社を相手に精算金の未払い、信頼関係の破及び専属契約違反などを理由に専属契約解除を通告し、専属契約効力停止可処分申請を提出しましたが、裁判所で全て棄却されました。

現在当社は大韓商事仲裁院をとおして仲裁を行っており、今後当事者同士で手続きを踏んで、円満な解決を目指そうと思います。