外部全面を「BTS(防弾少年団)」JUNG KOOK(ジョングク)の誕生日祝いラッピングで覆ったKTX(高速鉄道)京釜線の列車が9月1日から運行を開始し、注目を集めている。

 韓国鉄道は「BTS」JUNG KOOKの中国ファンクラブの広告を受注し、先月ラッピング作業を終えた。対象列車は京釜線の列車(20両編成)で、長さ388メートルに面積500平方メートルがJUNG KOOKの誕生日を祝う内容で埋め尽くされた。

 KTXの外部ラッピング広告は2013年、ある通信社の広告をして以来、今まで行っておらず、民間広告を受注するという点で異例の事例に挙げられる。

 韓国鉄道は、ビルボードチャート1位を獲得するなど「BTS」が世界的な韓流ブームの中心に立っているだけに、国内外へのKTX列車広報効果を考えて、これを受け入れることに決定した。

 同列車は1日から10月4日まで34日間、運行する予定で、広告料及び設置、撤去費用を含め、約8000万ウォン(約710万円)が投入された。

 韓国鉄道の関係者は「海外はもちろん、国内の多数のファンを保有している韓流の中心であるだけに、KTX列車に対する広報効果も非常に高いものと期待している」と述べた。