「BTS(防弾少年団)」が韓国の歌手とし初めて、米国ビルボード「ホット100」チャート頂上を占め、全世界の音楽市場の歴史に一線を引いた。

1日(現地時間)、米国の音楽専門メディアビルボードが発表した最新のチャートによると「BTS」が21日に発表したデジタルシングル「Dynamite」は「ホット100」チャートに新規参入し1位に直行した。これは3月に正規4集「MAP OF THE SOUL:7」のタイトル曲「ON」で達成した韓国グループの最高ランク(4位)を、独自の更新で韓国の歌手初の記録だ。

「BTS」は、メインのアルバムチャートである「ビルボード200」と「ホット100」両チャートをすべて席巻した最初の韓国歌手というタイトルも獲得した。「BTS」は、先に2018年5月に発売された「LOVE YOURSELF 轉 ’Tear’」、2018年8月に発売された「LOVE YOURSELF 結 ’Answer’」、2019年4月発売された「MAP OF THE SOUL:PERSONA」、2020年2月発売された「MAP OF THE SOUL:7」で合計4回「ビルボード200」チャートのトップを占めたことがある。

「Dynamite」はこのほか、多数のチャートをさらって全世界的なブームを立証した。この曲は、「ポップソング」ラジオチャートで前週比10位上昇し20位を占め、「デジタルソングセールス」チャート1位、「ストリーミングソング」チャート3位、「オンデマンドストリーミングソング」チャート4位、「リリックファインドUS」チャート9位、「ビルボードカナディアンホット100」チャート2位、「カナディアンデジタルソングセールス」チャート1位、「カナダのCHR /トップ40」チャート31位、「カナダのHOT AC」チャート43位、「メキシコのエアプレイ」チャート11位、「メキシコのイングレスエアプレイ」チャート17位、「ジャーマニーソング」チャート8位を占めた。

また、「BTS」は、合計25位まで集計される「ワールドデジタルソングセールス」チャートに半分を超える16個の曲の名前を上げた。 「ON」1位、「Black Swan」2位、「Filter」3位、「My Time」5位、「Boy With Luv(Feat.Halsey)」8位、「We are Bulletproof:the Eternal」10位、「Louder than bombs」11位、「Inner Child」13位、「00:00」14位、「I NEED U」17位、「UGH! 」18位、「Interlude:Shadow」19位、「Moon」22位、「Friends」23位、「Your eyes tell」24位、「Stay Gold」25位を記録した。

「BTS」の既存のアルバムにも逆走に成功し、メインのアルバムチャート「ビルボード200」で勢いを見せた。「BTS」の正規4集「MAP OF THE SOUL:7」は「ビルボード200」チャートで前週比46位上昇し29位に上がって27週連続上位を守った。リパッケージアルバム「LOVE YOURSELF 結 ’Answer’」も46位上昇し、111位にランクイン、日本の正規4集「MAP OF THE SOUL:7〜THE JOURNEY〜」は、156位に位置した。

「BTS」は2日0時(以下韓国時間)、公式SNSを通じて「Dynamite」の9月のプロモーションのスケジュールを公開した。「BTS」は、10日午後9時にNBC TODAY「Citi Music Series」、17日午前9時にNBC「America’s Got Talent」、19日午前10時に「iHeartRadio Music Festival」で「Dynamite」の舞台を披露し、26日午前9時には「Dynamite」MV(Choreography ver.)を追加公開する。