韓国の歌手ユン・ジョンシンの母親が死去したことを明かした中、同僚たちやファンも一緒に哀悼の意を伝え、ユン・ジョンシンを慰労している。

 ユン・ジョンシンは4日、自身のSNSに「愛する私の母が2020年9月3日夜10時27分に享年85歳の年齢で亡くなりました。最近、新型コロナウイルスにより、弔問することが難しいです。皆さんの健康のため、どうか今いらっしゃる場所で心の中で、母の冥福を祈っていただけたらと思います」と綴り、母親が死去したことを伝えた。

 続けてユン・ジョンシンの妻であるテニスコーチのチョン・ミラさんもこのことを伝え、「お義母さん、愛しています。お義母さん、ごめんなさい。お義母さん、いつもありがとうございました。これからはゆっくり休んでください」と記した。

 一方、ユン・ジョンシンの母親が死去したとのニュースが伝えられると、多くのファンが哀悼の意を伝えユン・ジョンシンを慰労した。ユン・ジョンシンと親しい同僚ミュージシャンのハリムは「故人のご冥福をお祈りいたします。お兄さん(ユン・ジョンシンのこと)と悲しんでいる家族の皆さんにも慰労の気持ちを伝えます」と哀悼し、ユン・ジョンシンを慰労した。

 また俳優キム・ギバンも「ゆっくり休んでください。謹んで故人の冥福をお祈りします」と追悼した。ミュージカル俳優キム・ホヨンやタレントのキム・ガヨン、チャン・ヨンラン、チョン・ジェホ、歌手タイガーJK、ソルビ、女性お笑い芸人ホン・ユンファらも哀悼の意を伝えた。新型コロナウイルスにより弔問が容易でないだけに、多くのスターがSNSを通じて、哀悼の意を伝えている。