WMエンタテインメント(以下WM)所属アーティスト「B1A4」、「OH MY GIRL」、「ONF」が初の合同コンサート“Hello!  WM ONTACT LIVE 2020”を開催し世界中のファンを魅了させた。

 WMは先日 4日午後 9時(韓国時刻)にVLIVEを通じて全世界に生中継された“Hello!  WM ONTACT LIVE 2020”で‘名曲メーカー’の名にふさわしい音楽とパフォーマンスを披露しオンラインで視聴する観客の熱狂的な反応を引き出した。

オープニングステージでは「B1A4」、「OH MY GIRL」、「ONF」が2018年に発売したWMの初シーズンソングである‘Timing’を披露し注目を集めた、WM所属アーティストたちの暖かくて甘い感性が伝わるステージであった。ステージに上がったアーティストたちは愛する人と向かい合って挨拶を交わすように華々しいステージの幕を開けた。

 今回のステージで 「B1A4」はヒット曲‘What’s Happening? ’、‘Sweet Girl’、 ’Lonely’、‘Yesterday’、‘ Starlight’s Song’ などを熱唱し雰囲気を熱く盛り上げた。また「B1A4」は後輩ガールズグループ「OH MY GIRL」のヒット曲‘Secret Garden’を アコースティックバージョンに編曲しオンラインで視聴する観客の心を感動させた。そしてサンドゥル(B1A4)は最近発売した‘My Little Thought’シリーズのタイトル曲‘Summer day Summer night’のステージを披露した。波打つ海の音がサンドゥル(B1A4)のボーカルを引き立たせ、オンライン観客の耳を魅了させた。特に今回のコンサートでは先日8月28日に兵役を終えたシヌ(B1A4)がステージに上がり、長い間待っていたファンに特別なステージを見せていた。

 「OH MY GIRL」は‘Nonstop’、‘The fifth season’、‘Dolphin’などのヒット曲を披露し爽やかなステージを見せた。また「OH MY GIRL」の隠れ名曲を探すコーナーで「OH MY GIRL」は家のリビングで歌うようなナチュラルなムードの中、‘Crime Scene’、‘Tic Toc’、‘Tropical Love’を披露し7人7色の魅力を見せ、グローバルファンの愛に応えた。

 「ONF」は先月に発売し注目を集めた新曲‘Sukhumvit Swimming’を含む‘We Must Love’、‘Asteroid’、‘Why’、‘Moscow Moscow’、‘Geppetto’などを選曲し、ONFの魅力を発散した。特に「ONF」は先輩グルーブである「B1A4」の ‘Only learned bad things’をアコースティックバージョンに編曲し秋の夜の雰囲気を届けた。

 その他にも合同コンサートだけでしか見られない特別なコラボステージで多彩な演出を見せた。「B1A4」のシヌ、「OH MY GIRL」のミミとユア、「ONF」の J-USとUは‘Checkmate’のステージを作り出し、‘WM 代表パフォーマー’らしい強烈なパフォーマンスとカリスマが際立つステージを披露した。「B1A4」のサンドゥルと「OH MY GIRL」のヒョジョンは「B1A4」の ‘片思い’を、「OH MY GIRL」のスンヒと「ONF」のヒョジンは「B1A4」の‘Only One’をデュエットで熱唱し美しい雰囲気を作り上げた。「B1A4」のゴンチャン、「OH MY GIRL」のジホ、ビニ、アリンそして「ONF」のE-TionとMKは「B1A4」のヒット曲‘Beautiful Target’のステージで爽やかな魅力を披露した。

 最後にアーティストたちはWMの新曲‘OURS’のステージを初公開しエンディングを飾った。一つのコンサートで集まった「B1A4」、「OH MY GIRL」、「ONF」は胸いっぱいあふれる希望のエナジーを伝えながら初めての合同コンサート“Hello!  WM ONTACT LIVE 2020”を盛況のうちに終わらせた。