韓国女優オ・インヘ(36)が自宅で心停止の状態で発見された。すぐに心肺蘇生を試み、病院で呼吸と脈拍は戻ったものの意識は戻っていないことがわかった。

 韓国メディア「OSEN」によると、オ・インヘは前日の13日、SNSに写真を投稿。この際「久しぶりに週末、ソウルデートに出発。皆さん、グッドウィークエンド」と書き込み、顔写真のセルカ(自撮り)を掲載していた。明るい姿が公開された翌日、心停止で発見されたニュースが飛び込み、韓国芸能界には衝撃が走っている。

 警察は、オ・インヘが自殺未遂を試みたものと推定しているが、現在詳しい経緯などを調べている。

 オ・インヘは同徳女子大学・放送芸術学科を卒業後、2011年映画「私の隣の殺人者」でデビュー。ドラマ「馬医」や「私以外、恋愛中」、バラエティ「オ・インヘのシークレット」などに出演した。最近では、歌手nautilusとコラボレーションし話題を集めていた。