韓国ガールズグループ「SONAMOO」元メンバーのナヒョンとスミンが、元所属事務所となるTSエンターテインメントを相手に提起した専属契約不存在確認を求める訴訟で勝訴した。

15日午後、韓国メディアは「ナヒョンとスミンは今月10日、TSエンターテインメントを相手にした専属契約不存在確認を求める訴訟で勝訴し、昨年5月23日付でTSエンターテインメントとの契約解除に至った」と報じた。

これに関して法務法人イェヒョンのパク・ジョンホ弁護士は「当初、請求していた内容である債務不履行が認められ、法的に契約解除された状態だ」と明らかにした。また関係者は「ナヒョンとスミンがTSエンターテインメントを相手にした専属契約不存在確認訴訟は棄却された内容もなく完勝した」と伝えた。

現在、スミンは子ども向けの番組に出演するなど様々な活動をしており、ナヒョンは女優として活動している。