ボーイズグループ「SEVENTEEN」のWOOZI(ウジ)が、甘いコメントで“CARAT(グループのファン名)”たちをノックダウンさせた。

「SEVENTEEN」は日本での2ndミニアルバム「24H」の発売を記念して16日午後、公式ツイッターを通じて“CARATと赤い糸でつながっているよ”とハッシュタグを付けたSNSイベントを展開した。文字通りメンバーの小指に赤い糸を付け画面越しに繋がっているような演出で、メンバー各自が思い思いのメッセージをCARATたちに届けた。

6秒という短い動画でメンバーのWOOZIは「この言葉知ってる? 」と投げかけ、「三度の飯よりCARATちゃんのことが好き」と笑顔で語りかけた。

世界を舞台に活躍するスーパーアイドルから“三度の飯”という身近なフレーズが発せられたギャップと、胸をキュンとさせる甘いコメントが一気に拡散し、さっそくツイッターではトレンド入りを果たした。

「SEVENTEEN」はこれまでさまざまな場面でファンへの愛情を示しており、8月30日にオンラインで展開されたイベント「2020 SVT 4th FAN MEETING-ONLINE」では、「僕たちとCARATたちはいつもひとつだ。僕たちはひとつだ」とコメントし、コロナ禍で直接会えないもどかしい気持ちを抱えるファンたちを励ました。

一方、「SEVENTEEN」は16日に公式サイトなどを通じて、2ndミニアルバム「24H」が9月21日付の「Billboard JAPAN 総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”」と「週間アルバム・セールス・チャート“Billboard JAPAN Top Albums Sales”」で1位を獲得したことが伝えられた。

また同じ9月21日付オリコンの「週間アルバムランキング」と「週間合算アルバムランキング」でも1位となり、4冠の栄誉を手にし、破竹の勢いで記録を更新中である。