「SEVENTEEN」が日本2ndミニアルバム「24H」で破竹の勢いを続けている。

16日、ビルボード・ジャパンによると、「SEVENTEEN」は9月21日付の週間アルバムセールスチャート「Billboard JAPAN Top Albums Sales」とビルボード・ジャパン総合チャート「JAPAN HOT Albums」の両方の1位を占める快挙を成し遂げた。

特に「SEVENTEEN」は週間アルバムセールスチャート「Billboard JAPAN Top Albums Sales」で285,517枚という高い販売量で堂々と1位を占めており、これは「SEVENTEEN」に向けた日本の熱気を感じることができ、より一層意味がある。

それだけでなく、「SEVENTEEN」は、日本2ndミニアルバム発売と同時にオリコンデイリーアルバムランキング1位に上がったことはもちろん、オリコン週間アルバムランキング(9月7日〜9月13日集計基準)と週間アルバムランキング(9月7日〜9月13日集計基準)で1位を記録し、各種チャートを席巻している。

何よりも「SEVENTEEN」が、今回のアルバムを通じて初めて日本の主要週間アルバムチャート4冠を達成するという重要な記録を立て、連日新記録を更新している彼らの無限の記録行進にさらに関心が集まっている。

このような「SEVENTEEN」ブームを呼び起こしている日本2ndミニアルバムミニアルバムタイトル曲「24H」は 「時計の時針と分針のように、異なる道を歩んでいても、いつかは運命のように必ず出会うことになる」というメッセージを含んでいる曲で舞台職人の容貌をうかがうことができる高品質のパフォーマンスまで加わって話題を集めている。

このように、国内外を問わず注目の中心に立った「SEVENTEEN」は限界のない成長で今回の日本2ndミニアルバム「24H」も成し遂げており、またどのような曲でグローバル音楽ファンを耳をひきつけるのか彼らの歩みに期待感が高まっている。

「SEVENTEEN」は今後、様々な活動を通じてファンたちと会う予定で、メンバージョシュアとドギョムは今日(17日)午後5時に人気R&BシンガーソングライターPink Sweat $とのコラボ音源「17(feat. Joshua&DK of SEVENTEEN)」を国内外の各種音源サイトを通じて全世界同時公開する。