グループ「BTS(防弾少年団)」が第75次国連総会で未来世代のための特別メッセージを届ける。

 ユニセフ韓国委員会は全世界に伝える「BTS(防弾少年団)」の希望のメッセージが9月23日午前9時(日本時間午後10時)に国連保険安保友好国グループの首脳者会議で電撃公開されると明かした。

 国連保険安保友好国グループは今回の国連総会を迎え、コロナで困難に置かれた未来世代のための特別スピーチとして「BTS(防弾少年団)」を招待した。

 国連保険安保友好国グループはコロナ及び保険安保事案を論議するために2020年韓国主導で出帆し、40か国以上の国連会員国が参加、その中で韓国、デンマーク、シエラレオネ、カタール、カナダが共同議長国を務めている。

 2018年に続き国連総会と特別な縁を結んだ「BTS(防弾少年団)」は今回の映像で“自分を愛せよう”という“LOVE MYSELF”から一歩踏み込み、絶望から抜け出してお互いへの暖かい連帯で“また新しい世界を生きよう”というメッセージを全世界に届ける予定である。

 「BTS(防弾少年団)」の映像と共にコロナに関する国際社会の様々な見解が紹介される今回の会議は国連ウェブサイトTVと韓国外交部のFacebookを通じて日本時間23日22時〜23時30分の間で配信される。

 今回「BTS(防弾少年団)」の国連行事参加は2017年ユニセフの児童暴力根絶キャンペーン“#ENDviolence”の協約採決以降に「BTS(防弾少年団)」とパートナシップ関係を維持してきたユニセフ韓国委員会により実現されたものである。以前2018年にもユニセフは国連総会“Generation Unlimited”のグローバル青年代表として「BTS(防弾少年団)」を招待していた。