「TWICE」の日本3rdベストアルバム「#TWICE3」がオリコン週刊アルバムチャートの頂点を記録した。

 22日午前オリコンは“「TWICE」の3rdベストアルバム「#TWICE3」が発売初週10万9000ポイントを記録し最新オリコン週刊アルバムチャート1位に選ばれた”と明かした。
新アルバム「#TWICE3」は16日に日本で発売された直後オリコン日刊アルバムチャート1位に選ばれたことに続き週刊チャートの頂点まで達成したのである。
これで「TWICE」はオリコンアルバムチャートで通算7回目の1位を記録し、日本では海外女性アーティストアルバム1位作品数の順いではBoAに並び歴代1位を達成したことになる。

 2018年 9月にリリースした日本1stアルバム「BDZ」から11月のミニアルバム「YES or YES」、2019年3月の日本2ndベストアルバム「#TWICE2」、4月のミニアルバム「FANCY YOU」、11月の2ndフルアルバム「&TWICE」、2020年6月のミニアルバム「MORE & MORE」、9月の「#TWICE3」まで全7枚のアルバムをチャート1位に記録し、冷めない人気を立証した。
特に1位の作品数が7枚以上を記録したのは海外アーティスト史上3番目の記録で、K-POP代表ガールズグループらしい位相を見せた。

 アルバム「#TWICE3」には「The Best Thing I Ever Did」、「FANCY」、「Feel Special」、「MORE & MORE」、「STUCK IN MY HEAD」、「21:29」など数多いヒット曲の韓国語、日本語バージョン12曲が収録されている。

 一方「TWICE」は韓国だけではなく海外でも絶えない記録行進を続きながら熱い人気を集めている。
「TWICE」は日本で発売した10枚のアルバムが25万枚以上の出荷量を記録し、日本レコード協会からプラティナムディスク認証を授与された。