韓国女優キム・ユジョンがAwesome Entと専属契約を締結した。

 23日、Awesome Entのヤン・グンファン代表はキム・ユジョンとの専属契約のニュースを伝え「キム・ユジョンは多彩な感情を卓越に表現する代替不可能な20代を代表する女優」とし「これまで積み重ねてきた信頼をもとに、国内外でさらに活発な活動を続けることができるようサポートする心強い支援軍でありパートナーになる」と伝えた。

 2003年、広告モデルとしデビュー後、子役生活を続けてきたキム・ユジョンは2005年、映画「私の生涯一番美しい一週間」で初主演を務めた。その後、ドラマ「九尾狐(クミホ)伝〜愛と哀しみの母〜」や「太陽を抱いた月」、「雲が描いた月明り」などの作品で成人俳優らと共にドラマを導き、格別な存在感を示した。

 一方、Awesome Entには俳優パク・ソジュン、女優ハン・ジヘ、イ・ヒョヌなどの俳優らが所属している。キム・ユジョンはドラマ「コンビニのセッピョル」放送終了後、休息を取っており、次回作を検討している。