ボーイグループ「B1A4」(シヌゥ、サンドゥル、ゴンチャン)が約3年間の空白期間を終わらせ10月19日にカムバックする。

 所属事務所であるWMエンターテインメントは29日に“「B1A4」が10月19日をカムバック目標にフルアルバムを準備中である。3年ぶりに発売する完全体アルバムであるので万全の準備をしている。楽しみにしていただきたい”と明かした。

 「B1A4」の新アルバムは2017年9月に発売された「Rollin’」以来約3年1か月ぶりで、3人体制に改編されてから初めてリリースされるアルバムであるためより注目を集めている。

 「B1A4」は現在まで独歩的なコンセプトから“自主制作アイドル”としてK-POP界でその音楽性を認められながら立地を固めていた。またメンバーたちが各自の領域でスペクトラムを広めながら「B1A4」の音楽の色合いを作ってきただけあって、約3年1か月ぶりに発売される今回の新アルバムに対する大衆の期待も高い。

 シヌゥは「Seoul」、「A DAY OF LOVE」、「斜線」などの自作曲を発売して優れた音楽的な力量を見せていた。サンドゥルは自作曲だけで構成された「My Little Though Ep.1」シリーズを発売し、シンガーソングライターとしての能力を披露した。最近発売したサウンドトラック「Slightly Tipsy」は各種音源チャートで2位を記録し音源強者として注目された。チームの最年少であるゴンチャンはMCや俳優として活躍し、最近はMBCevery1ドラマ「恋愛は面倒くさいけど寂しいのはいや!」を通じて“イケメンボディガード”に変身し熱い人気を集めていた。

 「B1A4」は来月19日をカムバック目標に新しいアルバムの準備に取り掛かっている。