※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

 6日に放送されたMBC every1ドラマ「恋愛は面倒くさいけど寂しいのはいや!」9話では、シェアハウス「ハッピートゥゲザ―」の住民たちの様々な話が描かれた。

 ナウン(キム・ソウン)はガンウ(チ・ヒョヌ)に別れを告げた。ガンウが嫌になったのではなく、自分に訪れたチャンスがガンウによるものだと知り、自分に挫折したのだった。ナウンの気持ちを知るため、ガンウは黙って自分なりの方法でナウンを慰めながらそばで待つことにした。

 そんな中、ナウンに再びチャンスが訪れた。別の出版社から契約のオファーが次々に来たのだ。自信を取り戻したナウンが最初に思い浮かんだ人はガンウだった。ナウンはガンウに連絡した。ガンウはナウンに会う直前、電話がかかってきて体の具合が良くない父親に会いに来いと言われて驚き、涙を浮かべた。

 またヒョンジン(ゴニル(SUPERNOVA))は18年来の女友達ナウンに告白した。大事な友達を失うかもしれない、勇気のある告白だった。まだナウンの答えは聞けないが、ナウンを好きになって自分の過去を振り返ることができたヒョンジンにとって意味のある時間となった。

 さらに、ベールに包まれていたフン(ゴンチャン(B1A4))の心の中を知ったヒョンジンは、傷つかないように温かい言葉で断った。これをきっかけにフンの気持ちは楽になった。