韓国ガールズグループ「少女時代」テヨンの実妹ハヨンが歌手デビューした。

 7日、人工知能(AI)音楽コンテンツ制作会社Enterartsによると、ハヨンは同日正午、デビュー曲「Eyes on you」を主要音楽サイトに発表した。同時間にミュージックビデオ(MV)も公開。Enterartsは2018年世界初の人工知能アルバムレーベルA.I.Mを設立し、計8枚の人工知能アルバムを発売している。

 ハヨンのデジタルシングル「Eyes on you」は人工知能が作曲・編曲した歌をベースに、プロデューサーNUVOが作曲・編曲した。「ダフト・パンク」など海外の有名アルバムをマスタリングしたコナー・ダルトンがマスタリングと米国AES金メダリスト=カイル・帆ランドのミキシングが加わり、ハヨンも作詞に参加して曲の完成度を高めた。

 コナー・ダルトンは「ことし聞いた最もキャッチーな音楽」と賛辞を送った。

 ハヨンは今回のデジタルシングル発売を皮切りに本格的な音楽活動を開始する。今年末には後続曲も発表する予定だ。ハヨンはYouTubeチャンネルにカバー映像を掲載し、ファンとコミュニケーションを図ってきた。

 姉の後に続き歌手としてデビューした妹へ向けてテヨンは7日、SNSを通じて「おめでとう。わたしの妹」とし、ハヨンのMV映像の一部を公開して応援した。

 なお、テヨンとハヨンは10歳差だという。テヨンは自身のSNSに妹の写真を掲載し、愛情を示した。