韓国歌手キム・ホジュンが、ボーイズグループ「BTS(防弾少年団)」と一緒に「ミュージックバンク」の1位候補に上がった所感を明らかにした。

キム・ホジュンは10日、自身のインスタグラムに「本当に多くのお祝いの電話を受けた。祝福してくださったすべての仲間の方々に感謝する」という文を公開した。

9日に放送されたKBS2TV音楽番組「ミュージックバンク」でキム・ホジュンの「満開」と「BTS」の「Dynamite」が10月第2週の1位候補に上がって目を引いた。

この日キム・ホジュンは「BTS」に1位を渡したが、9月5日に発売された曲「満開」が1か月を過ぎた時点で1位候補に上がったこと自体が信じられない成果だ。

またキム・ホジュンは9月10日に入隊し、現在社会服務要員として勤務している。キム・ホジュンは芸能活動もしていない状況で、1位候補に浮上してファン層の変わらないパワーを誇示した。

これにキム・ホジュンは、「夢なのか現実なのか」と「アルバムの制作を助けてくださった多くの方々に感謝を伝える」と感想を伝えた。