「BLACKPINK」がカムバック初週のグローバルYouTubeミュージックチャート1位を総なめした。

11日、YouTubeが発表した最新チャート(10月2日〜8日)によると、「BLACKPINK」の「Lovesick Girls」が「グローバルYouTubeソングトップ100」で1位に。また、1週間、最も多く見たミュージックビデオも「Lovesick Girls」であり、最高のアーティスト部門も「BLACKPINK」が獲得した。

「BLACKPINK」は2日午後1時(韓国時間)、「THE ALBUM」の全曲の音源を公開。 「Lovesick Girls」のミュージックビデオは、YouTubeにアップされてから75時間後に再生回数1億回を突破した。チャンネル登録者数もアルバム発表後、約170万人増加し、現在5070万人以上を記録中だ。

「BLACKPINK」はきょう(11日)午後放送されるSBS「人気歌謡」に出演。タイトル曲「Lovesick Girls」と収録曲「Pretty Savage」のステージを飾る予定だ。

先行公開したアルバム収録曲「Ice Cream」で、最近3週連続「人気歌謡」で1位を記録し、「トリプルクラウン」を達成しているので、今回のカムバックステージがより大きな期待を集めている。

きのう(10日)、MBC「ショー!K-POPの中心」に出演し、音楽番組で初パフォーマンスを披露した「BLACKPINK」はパワフルなボーカルとパフォーマンスでステージを圧倒し、ワールドクラスのアーティストであることを見せつけたという評価を受けた。