※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

今日はドラマ「愛の不時着」第12話の撮影裏話。韓国にやってきたジョンヒョクはチョルガンからセリを守りながら、しばしセリと穏やかな日々を過ごす。
セリの家で酔ってジョンヒョクが思いを吐露するシーンではセリの切ない気持ちが表現された。また、ジョンヒョクの部下たち4人とも再会し、みんなと楽しそうに過ごす2人が描かれている。

セリとジョンヒョクが焼酎を飲みかわしながら話をするシーン。
ヒョンビンが撮影直前にふざけて話をするも、ソン・イェジンは集中している様子。
そして撮影が始まり、ジョンヒョクが「帰りたくない」と本心を吐露する。すると、ソン・イェジンは自然に涙があふれ、カットがかかるまで涙が止まらない。
カットがかかっても、セリから抜けられず涙を拭いているソン・イェジンにヒョンビンは話しかける。


次に、スンジュンとダンが一夜を過ごすシーン。
キム・ジョンヒョンとソ・ジヘがベッドで撮影を行う。ダンが太陽の日差しを浴びていて眩しそうにしているところを、スンジュンが手で覆ってあげるという優しい場面。

撮影当時は冬の寒い時期。ベッドには電気マットを敷いていたようだ。
「布団を温かくして撮影してます」とキム・ジョンヒョン。
「こうやって覆ってあげればいいかな?」とキム・ジョンヒョンとソ・ジヘは笑顔でリハーサルを繰り返す。


続いて、セリの家でジョンヒョクとチス、ジュモク、クァンボム、ウンドンの4人、そしてマンボクが勢揃いする撮影シーン。
セリの誕生日を祝うため、ケーキや飾りを準備して部屋を暗くして待っていると、セリはみんなが北へ帰ってしまったのかと思い泣き崩れる。しかしぱっと電気がつき全員が登場。

5人だけのシーンを撮影中、じつはカメラ側にいたソン・イェジンとヒョンビン。ソン・イェジンは手を叩いて笑いながら見守る。
一番端でケーキを持って立っているマンボク役のキム・ヨンミンのぎこちない様子に、ソン・イェジンとヒョンビンは大笑い。
それに気づいたキム・ヨンミンもケーキを持って固まったまま笑っている。

撮影も後半に入って、ソン・イェジンとヒョンビンはもちろん、それ以外の出演俳優たちとの仲もとても良さそうで、和気あいあいと撮影をしている様子がわかる。
スンジュンとダンのもう一つのラブストーリーも順調に進んでいるようで、注目だ。
内容盛りだくさんだが、毎回どこが見どころか考えながら見るのも面白いかもしれない。


●あらすじ●

 tvNドラマ「愛の不時着」12話では、ジョンヒョク(ヒョンビン)が去ったと思って再び大泣きするセリ(ソン・イェジン)の様子が描かれた。

 ジョンヒョクはセリの機転のおかげでチョルガン(オ・マンソク)からの危機を逃れる。セリの家に滞在するジョンヒョクは「君のおかげで守られた。ありがとう」と伝える。
 セリは「感謝してるなら、その傷が治るまではここにいて。その後は、急にいなくなっても…何も言わないから」と話す。

 翌日、セリはジョンヒョクを攻撃した輩たちがいる所へ行き、「今日付けであなたたちが住んでいる所を私が買った。一週間前、ここでイケメンの男性と韓国語、中国語の2か国語を話す人たちのケンカがあった。その人たちの正体を明らかにしてくれる誰か1人は、家賃をタダにするわ」と流ちょうな中国語で話す。
 続けてチョルガンの写真を見せながら「この人を見つけた人にはお金を払う」と言った。

 その後、ジョンヒョクは家でセリとお酒を飲みながら語り始める。「帰りたくない。ここで君と結婚して、子どもにも恵まれて…俺は見たいんだ。君の髪が白くなって、シワができて年老いていく姿…そうなっても綺麗だろうな」と気持ちを吐露する。
 セリは「それならジョンヒョクさん、本当にずっとずっと私のそばにいなきゃ。とにかく外でお酒を飲んだらダメ。酔ったら、もっとカッコよく見えるから…」と涙を流した。 


●韓国ネットユーザーの反応●

「お願いだから2人結婚して双子産んでほしい」
「ドラマが終わったら公開恋愛してくれないかな」
「みんながいなくなったと思って大泣きするセリを見て泣けた」
「大勢のスタッフの前であんな涙の演技ができるなんて、すごすぎる」
「ヒョンビンって結構おしゃべりだったんだ!」