「B1A4」シヌゥがゴンチャン、サンドゥルとのカムバックを喜んだ。

「B1A4」は19日午後、4thアルバム「Origine」発売記念オンラインメディアのショーケースを開催した。

この日サンドゥルは、「思ったより緊張している『僕、震えているのか?』という思いが控室からあった。メンバーたちに支えられながらやり遂げた」とカムバック所感を明らかにした。

続いてシヌゥは「『B1A4』が5人組から3人組に改編して初めて発売するアルバムであるだけに負担が多いのは事実だ。しかし、僕たちにとって、今回のアルバムはとても大きな変化と挑戦だと思う。『B1A4』がこれからに良くなっていく開始点とも取れる。それで沢山悩んだ。さらに期待して、愛していただきたいと思う」と付け加えた。

ゴンチャンは「頭が真っ白だった。しかし、自分のパートが終わってサンドゥル兄さんが手を握ってくれて、その時感動した。力が出た」とメンバーたちに向かって無限の愛情を送った。するとシヌゥは「いつ手を握ったの?」とひそやかに嫉妬心を表わし、サンドゥルは「ハイタッチだったのにゴンチャンが手を握った」と冗談を言った。

最近、軍服務を終えたシヌゥは「除隊してから約2か月になった。メンバーたちと一緒に舞台を行うことができるということで感慨深い。これまで本当に忙しく過ごした。メンバーと曲作業しながら過ごしたが、舞台が本当に恋しかった」と全体所感を伝えた。また、シヌゥは「除隊後に最もしたかったのが『B1A4』ですぐにカムバックしたいというのが私の願いだった。軍服務も、毎日寝る前にカムバックのことを考えた。この瞬間、この映画のような瞬間だ」と感激した。

約3年1か月で3人体制に改編、ファンのそばに帰ってきた「B1A4」の新しいアルバムのタイトル曲「映画のように」は、シヌゥの自作曲だ。シヌゥはまるで時間が止まってしまったかのように感じられる感情を、映画の中のワンシーンの主人公になってしまったような状況に例えた。特に「映画のように」の開始を知らせるプロジェクター音と無声映画を見るような質感の効果が印象的で、映画の序幕を知らせるようにな壮大な雰囲気と繊細ながらも感性的な歌詞が調和し、曲の幻想的な雰囲気を倍加させた。

「B1A4」メンバーたちは4thアルバム「Origine」の全曲を自作曲で埋め、さらにアップグレードされた音楽的力量を誇示した。またシヌゥ、サンドゥル、ゴンチャンのソロ曲も含まれており、ファンに大きなプレゼントになると思われる。シヌゥのソロ曲「無重力」には、BIBIがフィーチャリングで参加した。

「B1A4」の4thアルバム「Origine」は19日午後6時、各種オンライン音源サイトを通じて公開された。