「SEVENTEEN」が「BLACKPINK」を破り、「M COUNTDOWN」で1位のトロフィーを握った。

29日午後、生放送で進行されたMnet「M COUNTDOWN」で「SEVENTEEN」が新曲「HOME;RUN」で「BLACKPINK」を破り、10月の最終週の1位を獲得した。トロフィーを受け取ったメンバースングァンは「苦労しているメンバー、スタッフにとても感謝する。Carat、ありがとう。Caratの力になれたら嬉しい。残りの活動もより熱心にする。プレディスありがとうございます」とコメントした。

19日に発売されたスペシャルアルバム「; [Semicolon]」のタイトル曲「HOME;RUN」は「SEVENTEEN」だけができるカル群舞のギフトセットだ。 13人が一つになりながら、13色の個性を発散する「SEVENTEEN」の舞台は、視聴者の目と耳を魅了した。

この日の「M COUNTDOWN」はカムバックチームであふれた。

メンバージョンヨンが不在だったが、「TWICE」8人のカムバックは派手だった。 「きれいな子の隣にきれいな子」の代名詞らしいまぶしいビジュアルはもちろん、中毒性のある舞台パフォーマンスでデビュー5周年の威厳を誇った。 「UP NO MORE」からタイトル曲「I CAN’T STOP ME」まで一時も目を離すことができないカムバック舞台が続いた。

「TXT」も帰ってきた。すでに新しいアルバムの国内外予約注文量が40万枚を越すほど熱い関心の中、彼らはカムバック舞台から自分たちのグレードを立証した。 「We Lost The Summer」でウォームアップ後、タイトル曲「We Lost The Summer」で雰囲気の切り替えに大成功した。

「CIX」は久しぶりの舞台を飛びまわった。タイトル曲「Jungle」は、救いを受けようとする対象から抜け出せず、抜け出そうとするほどに支配されるしかないすさまじい感情を劇的に表現した強烈なビートのポップダンス曲だ。特にセンターのペ・ジニョンはすべての情熱を燃やしてカムバックをしっかり伝えた。

「JBJ95」サンギュンとケンタも10か月ぶりのカムバックを祝った。タイトル曲「JASMIN」はトレンディなディスコサウンドベースのダンス曲だ。誘惑的な相手の魅力をジャスミンの香りになぞらえて表現した歌詞が印象的だ。ファンもメンバーに魅了された。

FNCエンターテイメントの新しいボーイズグループ「P1Harmony」のデビューステージはすばらしかった。最高のビジュアルに完ぺきなパフォーマンスを見せ、メンバーたちはカリスマあふれるまなざしで一気にお茶の間の視線を奪った。

このほかにハロウィン特集らしく「CRAVITY」はドラマ「トッケビ」スタイリングで目を引き、「VERIVERY」は強烈な扮装で見る人々を激しく驚かせた。「Chocome」はかわいいドラキュラに変身し、「Weeekly」、「EVERGLOW」、「Weki Meki」と「今月の少女(LOONA)」なども強烈なハロウィンメイクで、パーティーの雰囲気を熱した。

また、「MONSTA X」ヒョヌ、「THE BOYZ」、「DRIPPIN」、「B1A4」、「NCT U」、「WEi」、「PENTAGON」などが出演し、豊かな見どころをプレゼントした。