歌手兼俳優のRain(ピ)と女優のキム・テヒ夫婦が、、韓国芸能界の不動産・土地資産家の1位に上った。この夫婦は計814億ウォンの不動産資産を保有していると伝えられた。

今月30日午後に韓国で放送されたKBS 2TVの情報番組「芸能ライブ」の「チャートを走る女性」コーナーでは、韓国芸能界の不動産と土地資産家の順位を30位までランク付けた。1位はRain(ピ)とキム・テヒ夫婦だった。

同日の放送によると、Rain(ピ)とキム・テヒ夫婦は計814億ウォンの不動産資産を保有している。Rain(ピ)の所属事務所の建物である「レインアベニュー」は地下3階、地上6階の規模で2008年に169億ウォンで購入した後に新築し、現在370億ウォンの価値を持っている。またこの建物は今年、韓国建築文化大賞の民間部門で大統領賞を受賞もした。

またその他にもハンナム(漢南)洞、ヨクサム(駅三)洞、イテウォン(梨泰院)など、2人が一緒に保有している不動産資産だけで420億ウォンであり、アメリカ・カリフォルニア州のアーバインには23億ウォンの住宅を購入もしている。

不動産専門家のパク・ジョンボク氏は、2人に不動産投資性向要因について、「投資商品のバランスがいい。キム・テヒはヨクサム洞、Rain(ピ)はサムソン(三成)洞とチョンダム(清潭)洞で高い差益を得ており、新居はハンナム洞を選ぶほど」とし、「(不動産商品も)一戸建て、マンション、ビル、住商複合など多様で、本人たちの活動舞台地域に精通している地域に投資した点が1位に上がったのが役に立った」と分析した。

2位は計738億ウォンの不動産資産を保有した俳優のクォン・サンウが獲得した。クォン・サンウはプンダン(盆唐)、ソンス(聖水)洞、ノンヒョン(論硯)洞の計4軒の建物を保有しており、オーストラリア・ゴールドコーストで17億ウォンのペントハウスを購入もした。

続く3位は755億ウォン分の不動産資産を保有した女優のチョン・ジヒョンが占めた。チョン・ジヒョンはサムソン洞、ノンヒョン洞、イチョン(二村)洞などに4軒の建物を持っている。また最近、340億ウォンで建物を購入したが、融資なしで全額現金で購入した事実が伝えられ話題となった。特にこの建物は最近465億ウォンまで相場が上がり、時価差益だけでも125億ウォンを記録中だ。

俳優のソン・スンホンが不動産富豪の4位だった。計692億ウォンの不動産資産を保有したソン・スンホンは、2回にわたりシンサ(新沙)洞の建物を購入したが、それぞれ114億ウォンから330億ウォン、30億ウォンから50億ウォンに価値が上がった。また彼はバンポ(盤浦)洞のマンション、チョンダム洞のヴィラ、チョンノ(鍾路)のビルなどをいずれも保有している。

5位は550億ウォンの不動産資産を保有した歌手兼俳優のチャン・グンソクだった。チャン・グンソクは350億ウォンのサムソン洞のビルからスタートして、150億ウォンのチョンダム洞のビル、50億ウォンの価値のノンヒョン洞のビルなど、計550億ウォンの価値のビルを保有している。

“神の建物オーナー”のキャラクターを持っているタレントのソ・ジャンフンが6位に上った。ソ・ジャンフンは高い時価差益を残したことで有名だ。彼はヤンジェ(良才)駅界隈に入居した建物を競売で28億ウォンで購入し、その後ヤンジェ駅が“ダブル駅界隈”になってから相場が上がった。現在、この建物の価値は240億ウォンで200億ウォン以上の相場差益を得たわけだ。またソ・ジャンフンのフッソク(黒石)洞の建物は28億ウォンから85億ウォン、ホンデ(弘大)の建物は140億ウォンから150億ウォンに相場が跳ね上がり、3つの建物を通じて得た時価差益だけで249億ウォンに上るという。ソ・ジャンフンの不動産資産は計465億ウォンの価値を持っている。

その他に7位はハ・ジョンウ(465億ウォン)、8位はチョン・ウソン&イ・ジョンジェ(450億ウォン)、9位はチャン・ドンゴンとコ・ソヨン夫婦(437億ウォン)、10位はPSY(400億ウォン)が獲得した。ハ・ジョンウは所有した建物がいずれも有名フランチャイズカフェが入店しており、“スタバ収集家”というニックネームを得ており、チョン・ウソンとイ・ジョンジェは最近330億ウォン台のビルを共同購入し、高い順位を獲得した。

また、「芸能ライブ」は11位から30位まで、芸能人不動産富豪の順位を公開もした。順位はイ・ビョンホンとイ・ミンジョン夫婦(11位)、キム・ヒエ(12位)、チェ・ジウ(13位)、イ・スンチョル(14位) 、カン・ホドン(15位)、チャン・ウヒョク(16位)、ソン・イェジン(17位)、チャン・ヒョク(18位)、シン・ドンヨプ(19位)、ファン・ジョンミン(20位)、ユナ(21位)、コン・ヒョジン(22位)、ソン・ジュンギ(23位)、ファン・ジョンウム(24位)、ソン・ヘギョ(25位)、ハ・ジウォン(26位)、BoA(27位)、スジ(28位)、ソ・ジソブ(29位)、イ・ヒョリ(30位)の順でランキングされた。