2005年11月6日にデビューした「SUPER JUNIOR」が15周年を迎え、ファンに意味深いプレゼントをした。

「SUPER JUNIOR」は、6日午後6時、各種音楽サイトで新曲「The Melody」を発表した。

新曲「The Melody」は、12月発売を予告した10thアルバムの先行公開曲だ。その日を回想するような気持ちの良い「口笛」の音が印象的なミディ​​アムテンポの歌だ。特にイトゥクとイェソンが直接作詞に参加し、15年間一緒にしたお互いへの感謝の気持ちを表わした。

「SUPER JUNIOR」は「似ているものが一つもなかった僕たちはが出会い/瞬間じゃなく永遠に歌った夜/その熱かった声を覚えてる/君と僕だけが知っているこの歌を/僕たちの始まりだったその時のMelodyを」、「不安だった多く日々も一緒だったから守れたよ、全部あきらめしようとしていた瞬間も一つだったから克服できたんだ」、「一寸先の明日も分からないけど、君と一緒なら歌うよ」などの歌詞を介して切ない心を表わし感動を加える。今のように、これからも一緒に歌うという気持ちが目立つ。

「The Melody」のミュージックビデオも、「SUPER JUNIOR」の友情が目立つ。「SUPER JUNIOR」の過去の写真、映像とメンバーらの現在の姿が交差して表示されて、15年間の思い出を回想させる。

このように、「SUPER JUNIOR」は、今回の新曲を介してメンバーとファンの愛をいっぱい込めた。また、15周年を記念して12月1日まで、ソウル市内バス、地下鉄のあちこちには、「SUPER JUNIOR」とファンクラブE.L.F.の感謝の気持ちが込められた屋外広告が掲載されて目を引く。

加えて「SUPER JUNIOR」は、ファンを対象にラジオ番組に「SUPER JUNIOR」の歌をリクエスト曲に依頼する「『SUPER JUNIOR』が輝く夜に」と、Twitterで自分が持っている「SUPER JUNIOR」の画像をアップロードする「#ELFは落とすだけして_拾うのはSJがする」イベントも進行し、デビュー15周年の記念日を一層豊かに埋める予定だ。

「SUPER JUNIOR」は、7日午後5時からネイバーV LIVEでのオンラインファンミーティング「Beyond LIVE - SUPER JUNIOR 15th Anniversary Special Event - Invitation」を全世界の有料生中継する。