男性グループ「SHINee」のキーがポール・キムとの縁を語った。

今月11日に韓国で放送されたMBC「ラジオスター」ではイ・ジョク、ポール・キム、ジョンイン、「SHINee」のキーとともに“歌手でよかった”特集が組まれた。

同日キーは、「軍隊にいながら規則正しい生活のありがたさを感じた。それがずっと維持されている。昼型の生活がこんなにいいことだとは知らなかった」と明かした。

そしてキーは「テミンを除いてメンバー全員が除隊をした。オンユは最近釣りをしている。準備をこっそりしている」とし、「軍隊に行ってみたら、アルバム活動のブランク期間中になぜ行ってこなかったのかと思った。それでテミンに早く行ってこいと言ったが、言うことを聞かない」とメンバーの様子を伝えた。

同日キーとポール・キムはネット友達だと述べ注目を集めた。キーは「軍隊にいると考えることが多くなる。これからどうやって活動していくのか悩むことになる」とし、「軍隊で(JTBCの音楽バラエティ番組の)『ビギンアゲイン』を見たが、ポール・キムの歌を聴き『あれだ』と思った。曲をもらいたかった」と述べた。

そしてキーは「一度会いたくて面会に来てほしいとお願いした。だが忙しくて来られなかった」と説明して笑いを誘った。ポール・キムは「僕も行きたかったが行けなかった。ところがそのうち、テヨン(少女時代)のコンサートで会った」と話すと、キーは「その日良心が痛んだ。僕が会おうと言ったが、その日は仕事があると言っていた。それがテヨンのコンサートだった」と言ってお互いに重なった誤解を解き握手した。